FC2ブログ
2019.07.27 手作り

またまた何かを作るために
治人先生と皮屋さんで生地を選んできました





何を作るかはまだ秘密です

お楽しみに~






ようへい(๑>◡<๑)
スポンサーサイト
2019.07.26 新記録
小中高クラスの一日の練習目標数は

a級以下が10個
b級が9個
c級以上が8個です


今週、ヨゴ体操教室26年間の歴史上
最多となる30個も練習をした子が
でました



「すごいね○くん
夏休みに入ったから
体力が余ってるの?」
と聞いてみたところ



「そんなことないよ。
僕、サッカーの練習をしてから
体操教室に来たもん」



「なにぃぃぃーー
と、びっくりしてしまいました



たぶん○くんは
これから、まだまだ記録を伸ばして
いきそうです



○くんの夢はサッカー選手

こんなに自分から頑張れる子は
きっと日本代表になれると思います


ヨゴ体操教室から
サッカー日本代表選手が、、、



将来が楽しみですね





帰り際にお父さんに
記録更新のことを伝えると


「そんなに慌てて練習しなくても
いいんだよ」と笑顔で○くんに伝えていました


最高の言葉がけだと思います


やはり主体性がちゃんと○くんに
あるので、○くんにとっては
やらされているという感覚は無く
自分からやっているという感覚なのだと思います



汗だくになった○くん
夜はぐっすり寝れたかな?


また一緒にがんばろう!


ようへい(๑>◡<๑)
2019.07.17 試合
選手コースの子たちが
愛知県ジュニア選手権大会に
出場しました


ヨゴらしい
丁寧で運動発達にもとずいた
演技ができていたと思います


ヨゴは技を何種類かのパーツに分解して
練習を組み立てるのが得意です


最近の試合ではそのパーツも技として
評価してくれるようになってきました


今回も新しい技をいくつも取り入れて
賞をとることもでき
とても嬉しかったです








ようへい(๑>◡<๑)

OBの選手も2名
応援にかけつけてくれて
とても良い試合になりました





準備体操の後に
自由練習6個の約束を
確認する時間があります


その時間に
テキストの絵を見せて

「それでは問題です!
先生たちはテストのときに
どこを見ているでしょうか?」

という問題をだしてみました

すると子供たちは
「足!」

「ヒザ!」

「頭がどこまであがっているか!」
と良い答えが返ってきました


「そうだね!正解です!そしてそれを
一気に見ています!」


、と先生が見ている場所に丸を書いてある
絵をみせると


「えーー、こんなにーーー!?」
びっくりしてました(笑)


「これだけのことを考えて
さらに、数を数えながら練習ができる
ことはスゴいことだと先生は思います、

大変かもしれないけど
みんながんばろうね」



「はーい


実際に絵で説明すると
いつもより綺麗に練習ができていた
ように思います






ようへい(๑>◡<๑)
2019.06.27 伝え方


まだ年齢の低い子たちに
具体的に説明しても


言葉を完全に理解していない
ことが多いです



伝わっているようで
伝わっていない、、、



「ヒザに力を入れて、
つま先を伸ばして、キレイな足
にしようね」

よりも


「シンデレラのようなキレイな足」
「大人のような長い足」
「びょーんって伸びた足」

と伝えたほうが
キレイな足にできたりします



あと想像力もつくのでは
ないかなー、、、と思って
使っています



大人が子供に合わせてあげる
これが大事ですね




ようへい