6月26日、愛知県ジュニア大会が開催され、ヨゴからは中学生2部大会に●君●君が出場しました。
 会場に来るなり「やばい、出たくない」という●君。なぜか聞くと「特に旋回(両足旋回)が回らないのが・・・」旋回とは、あん馬という器具の上で脚をグルグルと回す技です。
 今回の中学生2部大会のあん馬の演技は「両足旋回10回」と決められました。体操を始めたばかりの初歩の選手にとっては、かなり難しい課題です。
 ●君は練習で、1度も回れた事がありません。その事が特にひっかっかっていたようです。
 試合が始まりました。私はあん馬の補助役員。●君達が演技しにやってきました。どうなるのか、私もドキドキ。
 ●君の演技が始まりました。一回目は半分回ったところで落下、・・・いつも通り。体勢を立て直して2回目試技。すると、おぉ!私は得点記入の仕事をしながら、にやけ顔。 これまで練習では、ずーと、半分しか回れなかった旋回・・・「もう無理」と半ばあきらめ気味だった●君。それが、ついに一回転できた!!!
 他の強豪チームの選手といっしょの大会、その緊張感が●君の眠っていた本気に火がついたのかな?●君、ニコ~とハニカミ顔。
 さあ次は●君の番。おっ!と、またしてもにやけ顔の私。練習では落下していたのに、落ちることなく10回成功!! ●君の演技をみて「俺も回さないと!」と本気になったのかな?
 ハル先生に聞くと、他の種目も普段の練習以上に出来が良かったとの事。中学生2部大会はエントリーが9名ありましたが、2名が出場辞退。7名での競技会になりました。
 競技前に「俺ビリだぁ~」と嘆いていた●君は、一人追い抜いて総合6位。 ●君は総合4位、種目別跳馬2位。二人とも見事、 賞状GET! それを聞いて私はビックリ!でも1番驚いたのは●君。 「もらえると思わんかったし。前に立つの(表彰式)恥ずかしかった」と。でも嬉しそう。2人ともおめでとう。いい記念になったね。
 普段から、本気で練習していれば、もっと上手にできたはず! ●君も3位以内に入れたかもね! 学校の勉強や部活もしながらの練習は大変だけど、これからもがんばろうね。


愛知県ジュニアの大会は、レベル・学年によって1部、2部、3部と分かれており、1 部がもっともレベルが高く、2部、3部は初歩的レベルの子たちが中心です。


はやと勇大

                                              ほんだ
スポンサーサイト