margarethana.png
 




 「 宙返り、

   ( 一人で ) やっていい? 」







              icon_k_love1kuma.gif


line_heart.gif



 ついに、待っていた言葉が聴けました。
 
 二週間後に迫った愛知県ジュニア選手権大会。

 ちゃんは公式体操競技会に初めて参加します。

 出場部門は、駆け出しのジュニア選手が中心となる3部です。

 演技の練習は3月後半からスタートし、

 現在は最後のまとめの段階です。

 
            



 二か月の練習で、ちゃんの演技は随分、体操選手らしくなりましたが、

 一つだけコーチの補助に頼らないとできない技がありました。
 
 それは 「 ロンダート - 後方かかえ込み宙返り 」 という技。

 初歩の選手にとって、宙返りは危険が伴う技の一つですので、

 その習得には十分過ぎる程の慎重さで取り組んできました。
 
 「 ロンダートに歪みがないか? 」

 「 ジャンプの技術は確かか? 」

 「 宙返りする感覚に不備はないか? 」

 「 怖がっていないか? 」 などなど、

 選手の運動技術と心理面の確認作業を幾度となく繰り返します。
 

            illust296_thumbclover.gif



 ちゃんの後方宙返りは、

 3月の段階では補助者の力を借りて、かろうじて回れるレベルでした。

 宙返りを行うための部分技術は習得済みでしたが、

 それを 「 統合する力 」 と 「 ジャンプ技術 」が

 不十分だったのです。
 
 コーチのアドバイスを素直に聞き入れ、

 ちゃんは 「 ジャンプ技術 」 と 「 統合力 」 の習得に

 コツコツと取り組んできました。



          illust310_thumbline_clover.gif


 

 「 今のは、足がグラグラと歪んだ  」

 「 今のは、まっすぐ跳べた  」

 「 今のは、わからなくて怖かった  」

 「 今のは、高く浮いた  」
 などなど、

 1回1回の出来栄えを自己観察し、実体験を積み重ねることによって、

 より確かな技術を身につけていくのです。
 



      icon_ashiato01_walkyoko11line.gif





 努力は実り、よくわからなかった 宙返りの体感 が

 だんだん理解できるようになってきたちゃん。

 宙返りの高さは背丈程になり、回転も安定してきました。
 
 また、運動中に多少のミスが出ても安全に処理できる能力も備わってきましたので、

 私はGOサインを出しました。

 「 怖くなければ、もうそろそろ、一人でやってもいいよ  」

 3週間程前のことです。
 


            hana_3_002.gif




 コーチから、そう言われてもなかなか自信が持てないのが、技の世界。

 「 補助、お願いします  」

 不安が消えないちゃん。
 
 実際にやるのは選手自身ですから・・・、

 どんな名コーチでも選手の脳ミソの中に入って行って、

 技をコントロールすることはできません。

 ここは無理強いせず、ちゃんが心から納得して、
 「 よし、やろう!panchipuni.gif 」 と決断するまでは、

 待ちの一手に徹するのが、良策と判断。
 


 

        hana_line.gif






 「 宙返り 

 ( 一人で ) やっていい? 」



 

 ちゃんの言葉と顔、その姿はとても落ち着いていました。

 私は 「 あぁ、いいよ  」 と快く返事をし、見守りました。
 

 
         

  line37.gif



 一皮むけた宙返り、ちゃん、とってもカッコいいよ。

 ちゃん 「 技術を磨く 」 ってどうだい?

 結構、楽しいでしょ?ani_kao13kuma.gif

 
 

      niji1_1sky.jpg



 * 技術は新世界を開くもの。

   よって、「 これで良し 」 という限りはありません。

   「 技術を研究し、磨く楽しさ  をどうしたら、

   子ども達に伝えられるか?

   私の生涯の課題です。





           a2hana.gif




                    装飾者 のん
スポンサーサイト