4月入会のちゃんは年少さん。
準備運動になかなか参加できませんでした。

「できないもーん!」から始まり
「これだけならできる」 「これはできるようになった」
一歩、一歩進めてきました。

そんなちゃんが初めて自分から準備運動をやりはじめ、最後までできました(^0^)

ちゃんが準備運動中

 「今日ねー初めてできたの、なんでだと思う?」

「なんでー??」(^^)

「お昼にカレー作ってもらったからだよ!」 

ほっこりした言葉にお母さんの愛情を感じました( ̄ー ̄) 

準備運動をやりきったちゃん。
お茶を飲みながらお母さんに

「はる先生。けっこう優しいんだよ!」

って言ったそうです(^0^)笑




~授業中、考えていること~

年少さん達が準備運動に参加できない心理を、ボクはこう考えています。

・集団行動に慣れてないので、集団に入れない。
・準備運動を難しく感じ、できないと思い込んでしまう。

この2つの不安が大きな原因でないかと思っています。

そんな子ども達には
「やらなくていいから、見ていよう」と言います。

場に慣れること ・ 見て練習を覚えることで不安が解消され、練習に参加できると考えているからです。

現状ではこれがベストだと思っています。でも、

優しすぎるのもどうかな~
少し突き放すのも必要かな~


など、色々考えながら子ども達に接しています。
色々考えているうちに出た今の答えは・・・

臨機応変!!どっちも必要!!

その日の気持ちの波で、近寄ったり離れたりしてるうちにできるようになる。
適度な距離感が必要だと感じています(^^)
波











( ´ ▽ ` )ノミはる☆
今日は平日休み~!
さーて、体を絞りにボルダリングに行こう( ´ ▽ ` )

・体重のグラフ

・体脂肪のグラフ

試合でものすごい筋肉を
見せつけてやります(^o^)笑


スポンサーサイト