FC2ブログ

             line-train.gif





幼児クラスの練習が始まりました。

「 今日も頑張るぞー!2kuma.gif 」


そこへ、

年中さんの君が遅れて登場。

玄関に行き、
「 こんにちわー。ani_kao13kuma.gif 」 と話しかけると、

返事がありません。

ぶすっと顔のくん、何やらお母さんに八つ当たりしてます。



             boy5_4_s.gif





あれれ?

今日はご機嫌斜めだなぁ。
risu-iyakuma.gif






とにかく教室の中へ。



           si_tora105line.gif





「 よし、じゃ皆のところへ行こうか。 」

準備体操は既に始まっているので、

急ぎ気味に君を連れて行こうとすると、
「 今日ぼく、■×◎△★゜・・・nonpuni.gif 」




ごにょごにょ、もじもじ・・・

気が乗らないみたい。

付いてきてはくれますが、イヤイヤ顔満開



            boy5_2_s.gif






こんな気持ちでやってもなぁ・・・






そこで私、

「 体操やりたくない?

  でもお兄さんのお手本がないと、

  小さい子達が上手く行かないんだよなぁ・・・ 」



と言ってみました。



           clover001.gif




準備体操を覚えた子がしっかりやってくれると、

新人さん達はそれを見て真似が出来るので、スムーズに進むんです。

このクラスには新人さんが3人います。

君はヨゴ2年目、

「 君もうお兄さんだから、お手本やってくれる?
      そしたら先生も助かるんだけどなぁ ani_kao13kuma.gif 」





すると、

それまで眉間にしわを寄せ、への字口だった君の顔がいっぺん。




「 えぇ、でもぼく出来ないよ?doki=puni_niko.gif 」




         hana_line.gif







てれてれ顔で答える君。

「 君、いつも上手に出来てるじゃん。 」
「 えぇ、ぼく出来ないよー。lovely_puni_niko.gif 」

口では謙遜してますが、もうニッコニコ



         oyako1line.gif





おっ! 大丈夫そうだ!icon_ani_k_kya-kuma.gif






皆のところへ着きました。

ちょうど前の席が空いていたので、

「 君、小さい子達の前でお手本お願いね。 」 と私。

君、すぐに準備体操を始めてくれました。





「 こんな感じでいいのー?terepuni.gif 」



と柔軟をしながら私に話しかける君、

「 うん、しっかり出来てるよ。さすがお兄さん! 」

気分が乗ってきた君。

その後の準備体操も、自由練習もしっかりこなしてくれました。 





           icon_heart01_05.gif  boy5_6_s.gif  icon_heart01_05.gif








君は2人兄弟の弟、そして4月に年中さんになったばかり。

「 お兄さん 」 と呼ばれることが少ないのでしょう。

そうゆう子達に対して、

「 お兄さん 」 「 お姉さん 」 と呼ぶと、

しっかりと練習してくれる事が多いです。

私自身末っ子なので、なんだかわかります。

嬉しい気持ちにもなるし、

しっかりしなきゃという気も出てきます。



          



君もそういう気持ちになってくれたのかな?

張り切ってやってくれて、ありがとね。

先生助かったよ。

これからもどんどんお兄さんになっていってね。




           ojizousan13_2.jpg





                       のん 




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://259977.blog25.fc2.com/tb.php/1112-5474d316