FC2ブログ
基礎練習の柔軟運動。 柔軟性が高いと体操の技を行うのにとても有利。

                 
                   taisouS.gif

しかし、脚を開く柔軟運動はどうしても痛みが伴い、好きになりにくい練習です。


 週1クラスの子どもでも、この痛みを乗り越え、自発的な取り組みが出てきた子は、

相当な上達が確認できています。 しかし、まだまだ、全員がその域には至っていません。



 運動を行うと同時に痛みが発生しますので、 反射的に拒絶的心理を持ってしまう子が

多いのです。 また、真面目に練習しても即効性が少なく、しかも努力を怠るとすぐに元に戻って

しまうやっかいな面があるのです。 何だか、ダイエットに似てますね。


          uun.gif

 子ども達の自発的取り組みを根付かせるために、今日は、痛みを和らげる

心理作戦で柔軟運動にチャレンジしてみました。

                         ic_face_kero03_02.gif


 まず、 「痛くても、開いた脚を戻しちゃダメだよ。それから、力んじゃダメ、痛いところの力を

抜くんだよ」 
と練習のポイントを説明。


 「それじゃあ、1回目めー。ジュワー」 二、三人がクスッと笑いました。


girl4_6_s.gif

 脚を開く動作を「ジュワー」と表現したのが、可笑しかったようです。

 「そこで止めて! 戻しちゃダメだよ。ジーッとしてると身体が伸びてくるからね」
そのまま、10秒ほど姿勢維持。


「それじゃあ、2回めー。ジュワー」 また、クスクス、受けました。 


child2_4.jpg

「そこで止めてジーッとしてると、だんだん痛いのに慣れてくるからね」 再度、10秒ほど姿勢維持。

 「それじゃあ、3回目、最後は、強烈なの行くよ」 子ども達、次は何が来るか期待顔で私を見ています。

私も期待に応えようと精一杯の気持ちで、せーの、ジュワ、ジュワ、ジュワー」 


kidama04.gif

その途端、ゲラゲラゲラ・・・子ども達、大爆笑。

i11-26.gif



誰も痛そうにしてません。 「やったー、受けたー!」心で大喜びの私。

 でも、でも、でも・・・、ちょっと待てよ? 子ども達、笑いの方に気持ちが行ってしまって、

脚が良く開いていなかったような・・・。



dog16.gif

 痛み和らぎ作戦、ちょっと方向が間違っちゃったかな?
 
dog13.gif







 *ジュワーの所は、いつもは 「ギュー」 で表現するのですが、 「ギュー」 は 「痛いイメージ」があるではと考えたのです。 

作戦としては正解だったかも?

でも、調子に乗り過ぎちゃったようです。






                                 装飾者。ほたる
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://259977.blog25.fc2.com/tb.php/245-a1c23012