FC2ブログ

 「 ”自分から熱心にやる” と言えばいいんでしょ 」   bvs03.gif

           
    
               と○ちゃんからきつい一言をもらいました。


 予想外の可愛くない返事。  bvs05.gif



 たじろぐ心をグッとこらえて

 「 ○、そうだよね-。 わかってるじゃん 」  dog1-7.gif

               としのいだ私。
 



 このやり取りは、基礎礎練習の柔軟運動のときのことです。 脚を開く柔軟

運動は痛くて気持ちが引いてしまいます。 その痛みを乗り越え、自ら熱心に

取り組むことが上達の必須条件です。 


                            leaf_003a.gif


 ○ちゃんは、痛さに負けて熱心にできないのです・・・いつも。 

                   dog1-9.gif



 「 脚を開くのは誰でも痛いよね。 

    痛いけど、自分から熱心にやれば、上手になれるよ。

     イヤイヤやってると、痛いだけで終わっちゃうよ。

                      さぁ、どっちが良い? 」


                    dog2-6.gif


 私はクラス全体に問いかけ、誰かからの


       icon_heart01_05.gif  angel05.gif  「 自分から熱心にやる 」  angel05.gif  icon_heart01_05.gif



          という返事を期待していたのですが・・・。  diary_icon01_03.gif

 

 クラスのみんなに問いかけたつもりが、目線はいつも気になる○ちゃんに向いて

しまったのです  私の顔と言い方、きっと、イヤミったらしかったんでしょうね 
 

 子どもは鋭い! まいったなー。

                        dog2-2.gif


 でも、その後、○ちゃん、いじけず頑張ってました。

             clover004.gif



 ○、 「 痛み 」 乗り越えてくれーーー!




 * ヨゴの目指す所は 「 自ら進んで練習すること 」。
   痛い柔軟運動も例外ではありません。 毎回の練習で柔軟運動のやり方
   を子ども達に根気よく伝えています。
   痛さを乗り越えることは容易ではなく、しかも積極的に取り組んでも週1回
   の練習では効果はなかなか現れません。 その上、少し油断をすれば、
   すぐに身体は硬くなってしまいます。 柔軟運動はそういうものなのです。
   しかし、子ども達の取り組みは少しずつ良くなっていますし、劇的な効果が
   認められる子も少なくありません。
   
   あきらめませんよー  

                        hana061.gif




               装飾者  サキ
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://259977.blog25.fc2.com/tb.php/268-a889ea11