FC2ブログ


 今日はマイワールドからの切り替えがとても悪い○ちゃん。 基礎練習

の中盤にさしかかっても、寝そべって独り言。


                      child_03.gif



 ○ちゃんをこちらの手の内に入れるには、 「 待つ 」 こと。 

と言っても、ただ待つだけではありません。 他の作戦と融合させるのです。


          illust120_thumb.gif


 まずは、耳元囁き作戦


 「 ○ちゃん、何やってんの ? 

      体操の時間なのに、○ちゃんだけ変じゃん。

                            お友達といっしょにやろ 」

 

                     dog2-6.gif


                 と囁き、○ちゃんのすぐ隣で、私自らも練習をします。


  fuwall_b.gif



 全体のリーダーは、ハル先生が担当。
 

 今日の○ちゃんは手強い、聞く耳持たず? 寝そべったまま・・・。 しかし、ここ

で叱りつけては○ちゃんには、NG。


 次は置いてきぼり作戦


    「 ○ちゃん、ちっともやってくれないから、他の子見てこー 」


                            dog1-5.gif



                 と囁き、他の子ども達へ気持ちを向けました。

   fuwall_b.gif

                         
           
 
 
                           443c1ed0a65a8d7e0fa1ed67e8b06250.png




 子ども達、一人一人に声かけし、姿勢を直して回る私。 時間は流れ、○ちゃん

に背を向けていた、その時です。




       「 わからんもー  」



 待ってました! チャンス到来、○ちゃんからの発信です。 

   

                 パッと踵を返して○ちゃんに密着。        


           illust477_thumb.gif



  そして、


       「 先生、教えてあげるよ。 よく聞いてね 」


                       dog2-6.gif



 やっと、手の内に入ってくれました。 あとは、順調。 自由練習も素直に課題をこ

なしました。


 良い時ばかりじゃない、 「 進む 」 と 「 もどる 」 をくり返して、少しずつ少し

ずつ発達していく  。



      ○ちゃんの心もだんだん皮がむけてきました。



           ojizousan3_2.jpg





                               装飾者 サキ


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://259977.blog25.fc2.com/tb.php/366-f0f7d6a2