FC2ブログ

 自由練習のグループ分け。

 「 先生、この前はバラバラだったよ  」
 
 女の子達が女子オンリーグループを要求。



             hana071line.gif




 「 えぇー、いっしょだったじゃん  」 と私。

 「 違うよ!  」 女子達、キッパリ!

 「 女子がいっしょになると、お喋りばっかりだからダメ-!  」 

 「 ちゃんとやるからー  」



              hana045line.gif



 
 「 は、まだ、低学年だから、上手くできないんじゃない?  」 

 すると、ちゃん

 「 ちゃんと、やるもん nonpuni.gif 」
 


 「 大丈夫だよ、先生  」 お姉さん達が後押し。

 「 ホントにやるか! 」 



 「 うん! hellopuni_niko.gif 」



 女子全員で強烈アピール。

 「 それじゃあ、女子全員  」

 「 やったー  」 

 女子は大喜び。

 

               hana031b.gif



 女子が決まって、今度は男子です。

 どうやって分けるか、考えていると、

 「 が、たまには、大きい人とやりたいって 」 

 誰かが言いました。
 
 「 は、いつも先生に世話ばかりかけてるじゃん。

              大勢のグループじゃ、無理だよ  」

 
 高学年はしっかりしていますので、大勢でもコーチの指導が行き渡ります。
 
 すると、ちゃん、

 「 ちゃんと、やるから  」 

 「 えぇー、ホントかぁ? 」 信じられないっていうセリフの私。

 でも、内心は
 「 ちゃんに刺激されたなぁ。 ウッシ、ウッシ kira_puni.gif 」
 

             illust296_thumbclover.gif



 小学3年のちゃん、過去を振り返れば

 「 先生に信じて貰えないのもしょうがない shun_puni_.gif 」 

 と思っているのか、自信喪失顔
 
 「 まずいなぁ  」 ここは強気の一言を返して欲しかった私。

 ちゃんの気が変わらない内に

 「 よし、は、大きい子といっしょ。 しっかりやれよ  」

 グループ分けが終り、さあ、自由練習!



         illust310_thumbline_clover.gif
 



 私はちゃんのグループを担当。

 いつものダラダラ、ワガママちゃんとは全然違います。

 「 先生、もう6個やった。 これって早い方? 」

時計を見ると、残りは30分。

 「 おぉー、早いよ。 、できるじゃーん  」 

 機嫌を良くしたちゃん、自主自立的ペースをキープ。

 今日の消化課題は11個。 よく頑張りました。



                  tree52.gif
 



 ちゃん、ちゃん、甘えんぼを卒業する時期が来たみたいだね。 
 
 もう、いつまでも小さくないもんね。

 

             illust229_thumbgirl.gif illust141_thumbboy.gif




 * 子ども達が何かを要求してきた時は、信頼関係を築くチャンス

   と考えています。 要求を受け入れてあげることによって


   ( もちろん、何でもOKではありませんが )、前向きの

   姿勢や責任感などが生まれると感じます。
  
              ojizousan13_1.jpg

                            装飾者 温
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://259977.blog25.fc2.com/tb.php/527-a2e3f979